「街の明かりが
  全部消えたら
    停電」

ってどの替え歌メドレーかなと思ったら3(完結編)だった。

zsh.sourceforge.io/Doc/Release
>>
MACHTYPE
The machine type (microprocessor class or machine model), as determined at compile time
<<

というわけで、`MACHTYPE`はビルドしたときのアーキテクチャを表しているに過ぎない。ユニバーサルバイナリの場合は特に当てにならない。

Show thread

Apple Silicon Macの/bin/zsh、つまりmacOS同梱のzshだと、`uname -m`が`arm64`を返すのに環境変数`MACHTYPE`が`x86_64`を返し、`/opt/homebrew/bin/zsh`だと環境変数`MACHTYPE`が`arm`を返すことに気づく。なんだこれ……

そういえばいつも`LC_ALL=C`してた。`.localized`はいいぞ。
QT: social.mikutter.hachune.net/@n

コロコロコロ助  
てゆうか、henrichせんせーもお怒りしてるじゃんw localized directory name is harmful https://henrich-on-debian.blogspot.com/2015/03/localized-directory-name-is-harmful....

Twitterコミュニティを始めましたが、この使い方が合っているかどうか分からない。
twitter.com/i/communities/1498

サイゼのメニューでイタリア国旗がついているものはイタリアが輸入してる食材なんだけど、サイゼは嘘じゃなく地球上で最大のイタリアンレストランチェーンなので、輸入してる量が凄い。

だから契約してるイタリア食品が安くて最上のものが輸入されている。

これはイタリアンとかスパニッシュにシェフがみんな言うこと。
他のレストランで千円とるものが数百円で出てくる。

ツマ、サイゼリヤと日高屋大好きなんだよね。

@zundan まずはCtrlキーとShiftキーの実装からですね!(まさかのハード)

スマートフォンの影響でSKKを使わなくなったら、昔SKKを教えた若者に「裏切った!」と言われた件。

そういえばそもそもEmacsから離れて早数年。

Unix老人会みたいな話をすると、プラグアンドプレイだのモバイルだのといったコンピュータにとっての「環境の変化」は存在しなかった昔は、initはランレベルという概念すらなかった。要は「起動すればよい」。

そこにランレベルの概念が入りイベントの概念が入ってSystem V initでは機能不足になり、PID 1の戦国時代になったあと、ようやくsystemdに統一されようとしている。

……といったところまで見ていると、「中身とコマンドの字面が入れ替わっただけ」ということ自体がすごい互換性確保で、名前が変わったところで同じ概念が通じるということに価値がある。それを考えると名前はどうでもよくなる。

諸事情で、急いで個人のビジネス名刺を作らなければならない羽目に遭っている。

ところで、2022年4月には情報処理安全確保支援士として登録される見込みなのだけど、来週名刺交換する予定がある。名刺自体には「情報処理安全確保支援士」と書いておいて、登録完了までの間はシールか何かでそのすぐ右に「登録申請中」とつけておけばよかったりするかな?

マイニングまいこ先生(そんな漫画はない

Mastodon.TokyoにWireguardを入れてプライベートIPアドレスを割り当てたあと、

/etc/hosts.allow
```
sshd: ***.***.***.***/**
```

/etc/hosts.deny
```
sshd: all
```
を入れて、Mastodon.Tokyoに直接SSHできないようにした。

Show older